筋トレのモチベーションUPさせるには?

どうもシンタです!筋トレって必ずやりたくなくなる時期がきますよね??その時に数日サボってしまうと、もうどうでもよくなってその日を境に筋トレをやらなくなってしまう可能性が高いです。そこで自分が考えた
モチベーションを低下させない方法を考えてみました。

異性にモテたい気持ち

筋トレをする上で、男性の方は特に女性にモテたいが為に筋トレをがんばっている人がたくさんいると思います。モチベーションが低下してしまった時は、好きな人を思い浮かべたり、好きな芸能人やかわいい女性を検索して、「自分もいつかこういう女性と付き合えるようになってみせる」という気持ちが活力になったりします。

マッチョな男性を見る

実際に筋トレが成功してバキバキな体を手に入れた男性の体を見ると、「自分もやってやるぞ!」という気持ちが燃え上がってきたりします。手っ取り早いのがyoutubeを見ると、為になる筋トレや、筋トレする前の体と筋トレ後のビフォーアフターなど様々な動画が投稿されているのでそれを見てモチベーションアップになったりするのでぜひ試してみてください。

毎日数字をつける

これは、体重でも良いですし筋トレ回数でも良いので日々数字をつけていく事によって、体重UPを目指している人は徐々に増えている数字をみてモチベーションアップにつながりますし、ダイエット目的で筋トレをしている方は体重が減少している事を実感しモチベーションアップにつながったりします。毎日数字を付ける事によって筋トレと回数チェックが義務化する役割もあると思います。人間毎日同じリズムでやっていると仕事と同様に日常の一部となっていくと継続しやすくなります。

とりあえずやってみる

どんなにやる気がしなくても、少しやってみると意外といつも通り筋トレできたりするので、目標回数に達成しなくても良いのでとりあえず1回でもやってみる事が大事です。これは筋トレに限らず受験勉強や宿題などにも言える事だと思いますので、とりあえずやってみるという事はすごく大事な事だったりします。

リフレッシュする

いろいろな場面で使える事ですが、疲れていたりやる気がしなかったら公園などを散歩したり、外の空気を吸ったり、太陽の光を浴びたりしてリフレッシュする事も大事です。あまりやらないとダメだと思っていると逆にプレッシャーになってしまって逆効果となる場合があるので、上記のとりあえずやってみるが実践できなかった場合は、無理してやらずに息抜きもしてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル
レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル